ネットワーク

いざ記事を書こうとすると、あまりにたくさんの出来事が有りすぎて、何を書いていいものやら途方に暮れる。過去に起きた出来事で組織ストーキングに関係ある(と思われる)出来事、今、日々生じている出来事。なかなかまとめることが難しい。しかも、自分にされている加害と妻にされている加害とが異なる。ローテク、ハイテクを含め、彼女への加害の方が強い。明らかに「弱い者いじめ」の要素があるし、それこそ離散させることが目的の一つ(あるいは手段の一つ)のような気もする。

2003年頃、何故そうしたのか理由は忘れたが突然思い立って、占い師の所を訪ねたことがある。予約が必要な占い師だったが、幸い1週間後の予約がとれた。四柱推命などの資料や道具を使うのではなく、住所と氏名のみからの占いである。しかも、行こうかどうか迷っていると、占いの料金ぴったりの額がひょんなことから手に入るというタイミングの良さ(まあ、これは関係ないか)。

我々二人に彼女が言うには、

寝室に民芸品が置いてあるでしょう。民芸品はあまり置かない方が良い。

実際、置いていた。

食事の準備のとき、つまみ食いするでしょう。また、やたら人から物をもらうでしょう。それは、あなた(私)の後ろに仏様がついているから。

実際、当時私は、理由もなく突然人から物をもらうことが多かった。店や電車で乗り合わせた人からである。また、確かに毎回つまみ食いしてました。ご飯作ってるとお腹空くからね。

その他、冷蔵庫の中身のことや掃除についてなど、まるで見ているかのような話が続いた。帰り道に妻が「怖い」と言っていたのをとても良く覚えている(ちなみに、今、冷蔵庫の中身について仄めかしされることがあります。同じことを繰り返しするよね、彼ら。まあ、おかげでいろいろ思い出すことができるんですが)。

父方の先祖の墓参りに行った方がいいという話もあった。確かに私は事情があって(私というか親の事情)、父方の先祖の墓参りに行ったことがない。お墓の場所も知らない。これには驚いた。

一方、肝心のこれからどうすべきかとか、何に気をつけたらいいかなどは、あまり要領を得ない。邪気、邪念があるの一言でくくられてしまう。後ろについているらしい「仏様」について聞いたが、こちらも要領を得ない。占いとして肝心なところが抜けている。

今、考えると、「まるで見ているかのような」ではなく、何らかのネットワークで実際に見た情報、知った情報を話していただけのように思える。もちろん、全ての客にそうしているわけではなく、我々のような「特定の」客に対して。

当時住んでいた部屋では、引っ越し当初からいろいろおかしなことがあり、今から考えると部屋を盗聴または盗撮されていたのではないかと思える。それに、一度、廊下に水がまかれていたことがあり、家宅侵入があったのではないかと思う。「廊下に水」の話は、机の上に水をこぼされるという軽い嫌がらせが最近あったので思い出した。

何か書いていてどよーんとした気持ちになったので、終わりは少し軽い話で。

昨日、家に帰ってきたら、電話機に「留守中に電話があったよ」ランプが点灯。で、どこからかかってきたか調べてみたら「墓の勧誘」(http://www.jpnumber.com/numberinfo_078_904_0092.html#comment 参照)。

またまた細かいことを(ま、たまたまかもしれませんけどね。つーか、墓って勧誘しないと売れないの?)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中