『不可思議なできごと』を振り返る

組織ストーキングでは、ターゲットが精神異常者、とまではいかなくても精神的に問題を抱えた人物である(典型的には統合失調症である、あるいは統合失調症に類似の何らかの異常である)とのキャンペーンがなされます。私もやられました。しかも、世間一般に「精神的な異常は稀ではありません」「ちょっとした風邪みたいなもんですよ」「脳の化学物質の問題です」「だから薬を飲めば治りますよ」「さあ早く病院へ」「病院へ!」

病院へ!!取り返しがつかなくなる前に!!!

という刷り込みが既になされています。強迫観念的なところが、どことなく未来世紀ブラジルっぽいんですが、被害者としては笑えません。医者以外の人間が平気でこの刷り込みを再現したりする(だから「刷り込み」なんですけどね。刷り込みの本質的な機能というか)。そして、医者についても、確固たる根拠無く適当な判断が可能であるのが日本の精神医学であるようです。

そんななか病院行く(連れて行かれる)とどうなるかは、いろいろ報告されているとおりです。「ちょっとした風邪みたいなもん」という無責任な軽いキャンペーンとは全く異なる結果に導かれます。ターゲットは生命(社会的生命を含む)の危機にさらされることになります。

どうやら、その準備は何年もかけて進行するようです。

組織ストーキングが開始される4年前。当時、私はブログにこんなことを書いています。オリジナルのアドレスはhttp://neko-panchi.blog.so-net.ne.jp/2010-11-03。ブログに書いたイベントは2010年10月29日(金曜日)の夜6時から8時ぐらいの間に発生しています。

***

この前、会社の帰りにスーパーに寄った。

しばらくレジの列に並んだあと、持ってたカゴをスタンバイの位置(なんというか、買う物の値段をピッピッとレジに読み込んでもらえるのを、前の人の支払いが終わるまで待つ位置)によっこいせと置いたとき、心臓が止まるほどビックリした。

寝ていた。

若い女性が、レジの台の向こう側すぐのところに、仰向けに寝ていた。

それまでレジの台に隠れて見えていなかったのだが、台にカゴを置こうと前屈みになった瞬間に見えた。

レジの向こう側は店のスペースで、彼女は店のエプロンをしていた。つまり店員さんなわけで、なんでそんなところで寝ているのか全く理解できなかった。

もしかして倒れているのか?とも一瞬思ったが、周りにいる他の店員はいつも通り素知らぬ顔で作業をしている。倒れたのなら、明らかに誰かが気づくはずだ。
それに、寝ている彼女の顔色は良く、とても幸せそうに床にいる。

レジ袋に入った自分の買い物を受け取るときに、よほど「あの人は何してはるんですか?」と聞こうと思ったが、何かとんでもないことが起きるような気がしてどうしても聞けなかった。

例えば
「あの人って誰ですか?」
「いえ、そこに寝ている人なんですけど…一体なんで床に…」
とやりとりしている間に忽然と彼女が消えてしまう。

一度だけ、幽霊らしきものを見たとしか思えないことがあって(曖昧な書き方なのは、言い切るほどの自信がないから^^;)、そのときは、さっきまで普通の人と全く同じように見えていた人が忽然と消えてしまった。

あまりにも「異常な」状況なので、同じ事が起きないともいえない。もしそうなれば、訳の分からんことを言うタダの頭のおかしな変な人に陥ってしまう。

また例えば、そう尋ねたレジの人に突然、
「ねこぱんちさん、ここまでどうやって来ましたか?」(元ネタ:インセプション)
と質問されるかもしれない。
そのとき、何故か答えられなかったら、一体どうすればいい?

夢の中の夢(夢を見てて起きたら、それがまた夢の中だったりする。まさしくDream within a dream)を見ることがあるのに、恐ろしくてそんなこと聞けない。

で、結局、釈然としないまま、家に帰った。

何だったんでしょう?

***

このイベント、自分は頭おかしいんじゃないかと本人に思わせたり(そこまではいかなくても、自分は精神的に疲れてるなと本人に思わせたり)、本人がこれを訴えたときには周囲にあいつは頭がおかしいとアピールするためのストリートシアターに思えますねえ。今となっては。

そして、組織ストーキングが開始された後では、やはりあいつは何年も前から頭がおかしかったんだ、やっぱりねえ、ひそひそひそ、とキャンペーンするための下準備なんでしょうね。

あのとき実際に尋ねていたら、わずかに気をそらされている間に(そもそもレジの店員に尋ねている間に)、床の彼女はコロンと転がって視界から消えていたんでしょうね、多分。手品師かよ、まったく。

監視を含めた準備に長時間かけるケースは、ままありそうですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中