集スト前にハイテク その1

今から振り返ると、組織ストーキング開始(2014年10月)より前にハイテク攻撃を受けてるっぽいですね。「っぽい」というのは、もちろん、現段階で証明できないからです。

私は胃にがんがあります。がんといっても癌ではなく肉腫です。

知ってました?癌とがんは意味が(というか範囲が)違うんですよー。

癌(カルシノーマ)は粘膜のがんで、普通、胃がんといえば胃の粘膜のがんである胃癌を指します。でも私が持っているのは筋肉のがんの一種である肉腫(サルコーマ)で、癌とは異なります。日本語の「がん」は、カルシノーマとサルコーマの双方を含む概念です。

より具体的には胃粘膜下腫瘍であり、その中のGIST(消化管間質腫瘍)である疑いがあります。非常に稀ながんで10万人に1人、2人しかいません(忘れられたがんともいわれます)。胃癌と同じく、場合によっては命に関わります。ん? 今気づいたけど、GISTって、集団ストーカー被害者の会ネットワーク(GSTI)のアナグラムになってんな。

まあ、それはいいとして^^、この粘膜下腫瘍が発見されたのが2012年12月15日(土曜日)でした。何の気なしに受けた健康診断ついでの胃カメラ検査で見つかりました。

その検査日の一週間前、2012年12月8日(土曜日)のこと。

昼に奥さんと大阪に鰻を食べに行きました。大阪天満宮の北側にある亀の池浪速という店です(わかってるとは思いますが、この店と組織ストーキングとは何の関係もないですよ。そこ間違えたらダメですよ)。ネットで予め調べて行ったわけです。

するとそこに、年齢は50〜60代ぐらいの男女3人が客としていて(他に客はいなかった)、まあ、彼らも鰻を食べてるんですが、そのうちの一人が「胃を切ることになった。今日が人生最後の鰻だ。これで思い残す事が無い」みたいなことを大声で言ってるんです。そのとき、なんだか変な客だなあと思ったんでよく覚えています。いくら口の軽い関西人でも、そんなこと平気な声色で大声でしゃべるかねえ、です。うちの奥さんもこの変な客のことよく覚えていました。

それに組織ストーキングが始まった直後に、まだ組織ストーキングなるものが世の中にあることを全く知らず、「何か変だな」の状態のまま沖縄に行ったのですが、石垣島のホテルで食事中、横に座った若者数人のグループ(今から思えば、明らかに上から目線&選民思想のカルト構成員)が「死ぬ前の最後の食事だな。うはははは」と騒いでいました(普通、ホテルの和食のカウンターでそんなこと言うかな)。同じ事を繰り返しやる彼らの特徴を考えると、検査一週間前の鰻屋の件はとても怪しく感じます。

ちなみに、このがん、お腹の右側にあるのですが、お腹の右側がちくちく痛くなるということを、発見される5、6年ほど前からずっと散発的に繰り返していました。

どうもうさん臭いんですよね。これ。

参考:GISTについて

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中