年表ゼロのα

さて、組織的嫌がらせのきっかけだが、これまで相手方は、私の結婚式から厳密に10年ジャストのタイミングで起きた自転車との路上トラブルを匂わせてきている。加担者の間に、嫌がらせを実施する「正当な」理由として広げているのかもしれない。が、これ、私、填められたので。確かに、こちらにはそれを証明できる証拠がない。しかし、計画した人間、計画に加担した人間は、自分がやったことをよくわかってるはずだよな。特に、トラブルの前から加担している人間は。何やら、そのトラブルの証拠の動画があることまでたまにほのめかしているが、そもそもそんなものが都合よく用意できるのがおかしい。それに、トラブルの翌日から一度、組織的嫌がらせ始めながら何故かしばらくして止めてるが、そんなに速やかに開始できるのはおかしくないかね。大量動員のために、かなりの長期間に亘って準備しているよな。

と、言っといて過去に戻る。

自分の子供のころからの親の言動を振り返っても、嫌がらせの原因の一つは確実に誰かが依頼したことにある。その後、相手方は、間欠的にトラブルを起こす形でタネを蒔いて行く。ターゲットを特定の方向に誘導し、反応させるために、似たようなタイミングを狙う。個々のターゲットの対応により時期は異なるが、蒔いたタネがうまく育つと、目に見える形での嫌がらせがスタートする。私の場合、44のゾロ目の年齢で目に見える嫌がらせを再スタートさせているが、こういうところは実に偏執狂的かつ妄想的であり、相手方の属性を示唆しているのかもしれない。ま、44は、たまたまかもしれない。

一つのヒントは、私の父が戸籍の無い人間だったことにある。

父は、祖父の正妻の子ではなく妾の子である。戦前の話なので、金持ちの旦那にこういう話は割とよくあった話であり、そのこと自体はどういうことはない。政治家にも妾の子はいる。また、今でも妾囲ってる人いるんじゃないかな。明治生まれの祖母は新潟の芸者であった。明治から戦前までは、新潟は都会だったのですよ。

祖父が死んだ後、私の父は完全に無視され、放っておかれた。不思議なことに、祖母と父の姉は、女だからという理由で比較的問題なく取り扱われた。祖父の奥さんは激しく祖母を憎んでいたようであり、そのこと自体は私もとてもよく理解できるのだが、憎む方向が当事者の祖母自身、そして祖父に対してよりも、その息子である父に強く向いたらしい。ある意味、「血を継ぐ」可能性が残る男は絶対に許さんということからか、命をとるとまではいかないものの、完全に存在を黙殺されていたのである。幸い、戦後に義務教育の制度が確立していたので、無戸籍ながらも父は小学校に通うことができた。この点、祖母がしっかりしておれば話は違ったかもしれないが、祖母自身、父親がアル中のために置屋におかれた身であり、自分が子供のときに感じた感覚からすると、生活能力に決定的に欠如していたのだと思う。

祖母の葬式のとき、位牌には祖母の名ではなく、祖母がいた置屋の女主人の名が書かれていた。二人の名は似ているといえば似ている。間違いに気付いたのは、私である。

続く

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中