疑問に思うこと(aderyn記載)

aderyn(iphiko)記載です。

twitterを見ていると、衛星がハイテク加害に使用されているとの報告があります。創価が衛星を持っているからと言う人もいます。現時点では検証できない上、その可能性はゼロではないので、この説が間違いであるとは思いません。個人的には、判断できないために「保留」です。以下は、純粋な疑問です。

被害者に応じて加害内容と加害時間は様々だと思いますが、ハイテクの加害は24時間常にあると考えています。すると衛星からの攻撃ということであれば、衛星が常に被害者の頭上に位置していなければなりません。地球の反対側からの攻撃はさすがに不可能です。

常に頭上に衛星が位置するためには、静止衛星または多数の衛星システム(準天頂衛星、準同期衛星など)ということになるかと思いますが、さすがに静止衛星みたいな高度が高くコストのかかる衛星、しかも赤道上にあるために日本に対して傾いた角度を持つ衛星を使うとは思えません。残るは、多数の衛星による衛星システムになると思われます。この時点で創価衛星(どんなものかは知らないが1個だけ?)は外れそうです。そして静止衛星ではなく、衛星システムということになれば、空を高速で移動し続ける多数の衛星により多くの被害者が同時に追尾されていることになり、果たしてそれが可能であるかは疑問が残ります。また、建物や天候の影響を大きく受けそうですが、この前の台風により悪天候が長時間続いたときも被害は変わりませんでした。なお、準同期衛星システムを使用しているGPSでは、地上にいるユーザーの端末側が、特定のユーザーを狙って出しているわけではない衛星からの電波を補足しているため事情が全く異なります。

結論として2015年7月の段階では、衛星による加害には私は非常に懐疑的です。

なお、衛星による加害が正しければ、世界的な組織(政府またはそれ以上の組織。まあ、日本政府にとっては米国政府が上位の組織でしょうけど)が関わっていることになるでしょうね。もし、それが本当なら、創価信者、ありていにいえば日本国内のカルト信者達が被害のきっかけの私には、非常にけったくそ悪い話しですね。

信仰心

ブログを書き始めると、iPhoneの挙動がおかしくなる…。まあ、既にハッキングされているのは知っていましたが。しかし、これは、元々iOSの中に何らかのルートが仕組まれているのでしょうか?(アメリカならやりかねんな)

例えば、メモアプリに記載した内容はどうやら加害者側に読まれているようです。なんせ、記載した内容が仄めかしで戻って来たりするので。そのレスポンスの早さに向こうの考えが読めるときがあり、おっと加害者側と意外なコミニュケーションできたな、と思うときもあります。でも、考えようによっては便利ですよ。例えば、どうしても生理的に受け付けない加害者(別の記事で書きます。割と重要です)に遭遇したとき、その旨をメモアプリに書けば向こうに伝わります。誰もが読めるはずが無いメモですから、こちらには何の道義的な責任もありませんし、仮にメモで罵倒したとしても、町中で大声出して罵倒するのと違って精神異常との判断を押し付けられる心配もありません。第一、深刻な被害受けてるんだから、あの加害者は生理的に受け付けないとメモするぐらいいいでしょ。

前の記事で天国と地獄について書きました。

私はそんなものは存在しないと思っていますが、もちろん、被害者はそのように思うべきだと考えているわけではありません。組織ストーキングが明らかになった後、初期に読んだサイトは、MiyokoGotoさん(JBさん)の”Another Anti Multi Stalking Website”でした(現在、アクセスできなくなっているようです)。そこにも書かれていたのですが、信仰を持つことが被害に耐える力となるのでは、と思います。その信仰に天国や地獄が含まれているのなら、もちろん信じて問題ないと思います。ただし、新興宗教はあまりお勧めしませんが。

私自身は、組織ストーキングをやられていると気づいたとき、突然、信仰心が涌き起こりました。そのとき沖縄にいて、沖縄の神様のいる場所(御嶽:うたき)で加害が明らかに妨害されているように感じたからです。前の記事で偉そうなこと言ってますが、私も弱い人間ですから、そう感じたのかもしれません(信仰心を持つ人間は弱い人間であるとは言ってませんよ)。

で、沖縄から帰って来て、キリスト教(プロテスタント)の教会に行ったりしたのですが、初回はいいものの、2回目以降は明らかに仄めかしを受けたりして、信仰心が消滅してしまいました。元に戻ったともいえます。ちなみにプロテスタントの教会は2系統行きましたが、いずれもダメでした。仄めかしだけではなく、妻は電磁波の照射を受けたりもしました。牧師は親切な人でしたが、途中で態度が変わり、お金(献金?)が絡んでいることを示唆してきました。加害組織は、札束で人の頬をはたく連中であるようです。

かわりに今感じているのが、一つの理念です。

Wiccaという宗教というか思想があり、そこでは、「誰も害さない限りにおいて、望むことを行え(Do what you will, so long as it harms none)」ということがうたわれています。この思想の前半分も、後ろ半分も実践することがとても難しいのですが、とりあえず私の力となっています。

天国と地獄

時間のとれる間に、思うことをいろいろ書いておく。

モクレンさんという方のブログ(残念ながら、このブログは開始後、間もない時期に中断されている)を見て、旧東ドイツの秘密警察(シュタージ)に関する書籍「監視国家」(白水社)を先月手に入れた。この本に触れた被害者の方のツイートを最近見かけたので、被害者の間では、類似の手口を行使していたシュタージともども有名な本なんだと思う(ただし、シュタージは国家の法律に従っていた点で大きく異なる。例えば、未成年者に対する睡眠の妨害は虐待であって東ドイツでは法律違反であり、シュタージですらそれを避けようとしていたことがこの本に記載されている。組織ストーカーは平気でこのような加害を行うことが、複数の被害者の方のブログに書かれていますよね)。

その211ページには、

東ドイツにおける共産主義は、思想体系としては閉ざされたものだった。孤立した世界観があり、自ら創りあげた地獄と天国によって完結していて、罰と救済は地上において割り当てられていた。罰を受けるのは多くの場合、単に信仰が足りないからか、信仰が足りないと疑われたからだった。

との記載があります。

この「地上において割り当てられていた」という点が、組織ストーキングのある種の本質だと思います。もっとも、シュタージより酷いことに、組織ストーキングでは人為的に地上に設定された「罰」だけが被害者に与えられます。

天国や地獄は、本来、人間が人為的に設定できるはずのないものです。しかも、それは本当に存在するとしての話。誰も存在を確認できませんし、私個人は、そんなものはどこにもないと思っています。しかし、人間の心理として、容易に陥れられてしまう(囚われてしまう)概念でもあります。生物の中で天国や地獄を思い浮かべるのは人間だけでしょう(だよねえ、多分。進化上、何か都合の良いことがあったか、都合の良い特徴の副産物なんでしょうね、きっと)。

加害者は、自分たちが地獄を設定するのは当然だと思っているかもしれません。しかし、その傲慢さは決して許されるものではありません。ただ「幸い」なことに、地獄を設定するという行為は、加害者自身が地獄に囚われていることを意味します。それはきっといつか、加害者にブーメランのように戻ってくるはずです。加害者自身がマインドコントロールされている間はいいでしょうが、加害者が死ぬまでの間に、あるいは死ぬ瞬間にマインドコントロールが解け、彼ら自身が設定した地獄に直面することになります。

はっきりとした組織ストーキングが始まったばかりのころ、このような仄めかしを受けました。

自分のやったことは、全部自分に還ってきますからねえ

この言葉は、そう信じている加害者にそのまま当てはまります。

おっと、なんか深刻になってしまった。軽く終わろう。

Amazonよ、昨日お急ぎ便で頼んだ今日配達予定の荷物が届かないぞ^^。おい。