集スト前にハイテク その1

今から振り返ると、組織ストーキング開始(2014年10月)より前にハイテク攻撃を受けてるっぽいですね。「っぽい」というのは、もちろん、現段階で証明できないからです。

私は胃にがんがあります。がんといっても癌ではなく肉腫です。

知ってました?癌とがんは意味が(というか範囲が)違うんですよー。

癌(カルシノーマ)は粘膜のがんで、普通、胃がんといえば胃の粘膜のがんである胃癌を指します。でも私が持っているのは筋肉のがんの一種である肉腫(サルコーマ)で、癌とは異なります。日本語の「がん」は、カルシノーマとサルコーマの双方を含む概念です。

より具体的には胃粘膜下腫瘍であり、その中のGIST(消化管間質腫瘍)である疑いがあります。非常に稀ながんで10万人に1人、2人しかいません(忘れられたがんともいわれます)。胃癌と同じく、場合によっては命に関わります。ん? 今気づいたけど、GISTって、集団ストーカー被害者の会ネットワーク(GSTI)のアナグラムになってんな。

まあ、それはいいとして^^、この粘膜下腫瘍が発見されたのが2012年12月15日(土曜日)でした。何の気なしに受けた健康診断ついでの胃カメラ検査で見つかりました。

その検査日の一週間前、2012年12月8日(土曜日)のこと。

昼に奥さんと大阪に鰻を食べに行きました。大阪天満宮の北側にある亀の池浪速という店です(わかってるとは思いますが、この店と組織ストーキングとは何の関係もないですよ。そこ間違えたらダメですよ)。ネットで予め調べて行ったわけです。

するとそこに、年齢は50〜60代ぐらいの男女3人が客としていて(他に客はいなかった)、まあ、彼らも鰻を食べてるんですが、そのうちの一人が「胃を切ることになった。今日が人生最後の鰻だ。これで思い残す事が無い」みたいなことを大声で言ってるんです。そのとき、なんだか変な客だなあと思ったんでよく覚えています。いくら口の軽い関西人でも、そんなこと平気な声色で大声でしゃべるかねえ、です。うちの奥さんもこの変な客のことよく覚えていました。

それに組織ストーキングが始まった直後に、まだ組織ストーキングなるものが世の中にあることを全く知らず、「何か変だな」の状態のまま沖縄に行ったのですが、石垣島のホテルで食事中、横に座った若者数人のグループ(今から思えば、明らかに上から目線&選民思想のカルト構成員)が「死ぬ前の最後の食事だな。うはははは」と騒いでいました(普通、ホテルの和食のカウンターでそんなこと言うかな)。同じ事を繰り返しやる彼らの特徴を考えると、検査一週間前の鰻屋の件はとても怪しく感じます。

ちなみに、このがん、お腹の右側にあるのですが、お腹の右側がちくちく痛くなるということを、発見される5、6年ほど前からずっと散発的に繰り返していました。

どうもうさん臭いんですよね。これ。

参考:GISTについて

被害状況その1

なんというか過去からの集積を含め、いろいろあるので、いざ書こうとすると書ききれません。

まず、現在のハイテク攻撃

妻は一日中、頭を痛くさせられるか、だるくさせられるか、憂鬱な気持ちにさせられる状況です。夕方から夜が酷いようです。電磁波(憂鬱にさせられる周波数が3.3または6.6Hzであることが、FFCHSのDr.Duncanのページに書かれていますね)と音波(低周波)使ってんでしょうね。とりあえずiPhoneの磁気センサーで見てみると、何も無いとき(被害を感じないとき)の5〜10倍以上の磁束密度が検出されます。部屋の中の電気製品とかは同じ条件ですよ。

一方、自分は一時期セクハラを受けていましたが、最近、これは少なめです。おっさんにセクハラするとは全く意味が分かりません。やってる人間は、そういうのが趣味のおっさんなんですかね?まあ、実際は、何も考えずに与えられた指示に従う人間なんでしょうが。

セクハラの電磁波は、自分の場合、どうも直径20から30cmぐらいのビーム径であてられているようです。発信源は下の部屋っぽい。何故そう言えるかというと、ベッドで寝ていると、ビームが足下から脚の裏側を次第に上がってくるのがよくわかるからです。多分、神経組織に励起を起こさせるような周波数と思われます。その証拠に、そのままビームが移動して腹部にあたると腸が動き出し始めます。他の方の報告にある、突然お腹にガスがたまる、ガスが出る、などの症状も同じなんじゃないかと思います。人間の腸にはもともとガスがあって(飲食のときはもちろんのこと、普通にしていても空気を飲み込んでますから)、腸が動いていないときは何も感じませんが、腸が動くとガスが移動してガスを感じたり、おならが出たりします。一度、ビーム強度を上げられたときは痛かったですね。しかも、そのときはそのまま頭にあてられて、真っ暗な部屋で目をつぶっているのにこれまで見たことも無い「模様」を見さされましたよ。

いずれにせよ、彼らのやっていることは明らかに拷問です。

一方、ローテクは、何も考えずに与えられた指示に従う人間(日本人の70%はそれに喜びを感じる人間だそうです。この前、英雄たちの選択という番組で脳科学者がしゃべってました)がやっている点はハイテクと同じですが、笑えるものも混じっていますし、加害を担っている組織の特徴が伺えたりする意味で「面白い」のもままあります。

4月7日のお昼頃、職場のトイレで用を足していると、いきなり「失礼します」と男が登場。掃除の方かと思い、「はい、どうぞ」と返事して振り返ると、なにやら普通の服を着た人物。「??」と思い見ていると、個室に入ること無く、洗面台の前でいきなり靴を脱ぎ、ズボンを脱ぎだす。「お!!もしかしてそのままパンツも脱ぐのか?」と見ていると(パンツ脱いだら通報だな)、しばらく動かなくなった後、何故かそのまままたズボンを履きだした。ここでポイントは、これをやってるときの彼の顔ですね。何の疑いも無く、素の顔でこのような行為をする。でも、決して何らかの障害のある人ではないですよ、この人。MCがなされているんでしょうね。

昨年の年末、電車の中で、近くにいた女子高生(多分)が「キモい、キモい、特に目がキモい」と騒ぎ出したのですが、当然無視していると(第一、誰に向かって喋ってんのかわからん)、「あかんわ。女の人やないから効かんわ」とぼそっと言って、一転、静かになりました。おいおい、女の人には「キモい」って言うと効果的なんかい、いつもそんなことやってんのかい、という感じですかね。遠足を引率中の学校の先生からも加害を受けましたし、なんか学校のいじめとかにも彼ら普段から絡んでいそうですねえ。トイレのMC君を見る限り、学校の先生を生業とする加害者なんか、はたからは本当に生徒思いの先生にしか見えない状態で、平気で悪どいことやってそうですね(ここでポイントは、実際、MCにより加害者本人の気持ちが平常な状態にあることですね)。

自分の周囲には赤色を強調した服、カバン、小物などを身につけた人物が登場することが多いです。なかには、どうみても似合わないのにそういう服を着ている人もいます。まあ、経費で落としているんでしょうけど。

でも一時期、赤だけじゃなく、オレンジ、黄、緑、紫などの人物も出没し、なんだこれは、まったく訳わからんな、と思っていたのですが、疑問をきちんと説明してくれましたよ、彼ら。

ある日、仕事からの帰りの電車で前に立った女性が自分の子供に「赤と黄を足すとオレンジ、黄と青を足すと緑、赤と青を足すと紫」と唐突に喋ってました。これ、加色法だと思うのですが、彼らの世界では三原色は赤と黄と青らしいです^^。ハイハイ、という感じですね。6色制覇で全世界制覇なんでしょうね。といいつつ、嫌がらせ中の彼らは、例えば車窓から見える夕暮れの光の美しさを感じられないみたいですけどね。この前、夜の色と昼の色とがせめぎあう非常に美しいブルーが空に見えていましたが、彼らのうち誰一人としてそれに気づいていないようでした。

選挙カーが来たところで、終わります。