加害パターンいろいろ2(aderyn記載)

店員

「夜店のおばさん」のより具体的な話。

これはターゲット予備軍であったときに顕著だったのですが、店でレジの行列に並んでいると、店員が消えるということが頻繁におきます^^;;。ポイントは、こちらを確認してから店員が消えるということです。

毎日行くスーパーみたいなところではあまり起きません。たまに行く店、例えば、文房具屋、本屋、コンビニなどで起きやすいです。もっとも、メーカーの工場で働いていたときに、食後によく行ってた食堂併設の購買のレジで一回やられましたけどね。食後にお菓子を買う人などがずらーっと並んでて、やれやれ自分の番が来たと思ったら、自分の列の店員が一切何も言わずに目の前から消えるという。何も言わないし、閉鎖の札も出さなかったもんだからすぐに戻って来るのかと思って、しばらく待ってましたよ。

一回、店員ではなく、レジに行列している客の方が霧散するということにも出くわしたことがあります。梅田の新阪急ビル(現在、阪神百貨店と併せて立て替え工事中)の1Fのブックファーストのレジに行列ができていて、最後尾に並ぶと、さっきまであった行列がスーーーっと(今年の正月ごろ流れていた、ホンダハイブリッド車の超激ダサCMではないですよ ←わざわざ書いているのには意味があるけど、仄めかしじゃないよ)ばらけて消えました。当時は、何か変だけど早く終わってラッキー!としか思いませんでしたが。で、そのまま帰りの電車の最後尾に乗ったら、知らない2人組がこちらを見て何事か喋ってきました。知らない人間なので無視しましたが、今考えると明らかにカルト工作員(2人1組)っぽいですね。特に左側に座っていたヤツの顔つきがまんま宗教ですね。まさかこいつらの素性が8年も経ってからわかるとは。

ところで、この新阪急ビルって、詐欺の募金をよくその前の路上でやってたビルです。詐欺であることがニュースになってから、こういう募金行為がなくなりましたけどね。今は解体されて更地状態となっています。一度、このビルの前で、歩道の柵のてっぺんについている「ひょうたん」を撮影していたら、警備員に厳しく目をつけられるという妙な事態になったことがあります(当時のブログ http://neko-panchi.blog.so-net.ne.jp/2011-06-20 を参照)。そんなこんなで昔から良い印象がない建物なんですが、この悪い印象も何か関係しているんですかねー。

その他、直前まで普通の顔していたのに、こちらがお金を払おうと窓を開けたときに顔を確認するやいなや表情と態度豹変の駐車料金徴収員(2010年彦根)のパターンとか、冬に建物の中が暖房で暑いので上着を手に持っていると、それをからかってくる店員のパターンとか、いろいろあります。ずいぶんと昔ですが、売っている商品(しかも、パッケージには入っているけど食料品)を目の前で販売ワゴンからわざとバラバラ落としてきたこともありました。これらのパターンは、デパートに多い印象があります。もっとも、多くのデパートの店員は普通なんですよ。そういう普通の店員の中に、おかしな態度をとる人が一定の割合(20%ほど)で混じっているという感じですね。まあ、↑のからかう店員は大阪の伊勢丹で出くわしたので、当時は「伊勢丹は客いないわ店員酷いわで終わってるなあ」としみじみと思っただけでしたが。あ、でも、その後、その上着来て伊勢丹の外のエスカレーターに乗ってると、反対側から来た男女の団体がこちらを見て「おじさんがあんなの着てる」とか言ってたから、コレ、よくある波状コンボ工作だな。テーマが上着の^^;;

これらを考えると、今現在、工作員の大量動員で派手な状態にありますが、カルト宗教による共謀ストーキング自体は昔から何やかややられてますね。こういう工作のために、私、自分の外見や性格がおかしいのかと思って長期間悩んでいたんですが(こちらを見て店員が消えることが続いたり、知らない人間から唐突にdisられることがよくあると自然にそうなる)、それは現在、理由が判明したために解消されております。まあ、既に楽しい時間を多く奪われているわけですけどね。

共謀ストーキングって怖いですよ。
そういうものがあると知らないとこちらが精神を病みますし、人に相談しても既に精神を病んでいることにされるし。しかも、精神を病んでいるとする公的な判断基準が非常に曖昧で、本質的には単に「世間の常識」、しかも共謀してこのような犯罪を犯す者が全く存在しないことを前提とした「世間の常識」に過ぎないという。カルト宗教が、例えば、脱会者や批判者に共謀でストーキングや嫌がらせするのはよく知られていますし、それと同じことを彼らが気に入らない第三者に対しては決してやりませんという考え方(しかも、この考え方が人の人生を左右する判断基準となる)には納得できないな。

もし、↑のようなことにお悩みであれば、カルト宗教(日本にはたくさんあります)による嫌がらせやストーキングを疑ってください。カルト宗教かどうかは、概ね、自分の信仰をおおっぴらに公言できるかどうかでわかると思います。また、信者自身が布教活動を行っている団体はカルト宗教であると定義している国もありますし、各国での定義が参考になると思います。

加害パターンいろいろ(aderyn記載)

2人1組

つきまとい加害者の特徴的なパターンの一つに、2人1組という形がありますね。電車でも街中でも、こちらに何かを聞かせたい場合に、このパターンが多いようです。ポイントは、そのうちの一方の人物だけが(しばしば大声で)突然喋りだし、もう一方は黙って何も喋らないか、せいぜいたまに相打ちを打つ程度という点にあります。多分、2人で喋っていると、普通の会話にしか聞こえないからだと思います。1人だけで喋っていると何だか変だし目立ちますよね。ちなみに喋っていない方は、別に無口とか大人しいわけじゃないですよ。つい先日、公園のベンチに座っていたこのパターンの加害者2人の顔がクリップにくっきり写っていましたが、改めて見ても、2人ともめっちゃ悪い表情です^^;。ついでに、私が横を通り過ぎるときに、1人が「こいつ臭いよな」というセリフを前後の脈絡一切関係なく無く突然発しましたが(というかこの2人、私が近づくまで基本的にずっと無言だった)、たまたま起動していたボイスレコーダに録音できました。

このパターンで覚えている最も古いものは、浪人して予備校に通っているときの阪急梅田駅の動く歩道辺りでやられたやつですねえ。このときは、男女の2人組だったように思います。

突然喋りだす内容はこちらをdisるものと、監視してますアピール(いわゆる仄めかし)があります。

仄めかしでよく覚えているのは、学生時代(20年ほど前)の京都市バスの中での出来事です。確か河原町に行くバスだったように思うのですが、いつものごとく結構混んでいて、私はバスの後ろのドア(乗車ドア)付近に立っていました。すると途中から、学生風の男2人が乗ってきて近くに立ち、そのうちの一人が突然「オレ、カレーマルシェ(レトルトカレー)が世界で一番うまいと思う」との内容を多少表現を変えながら繰り返すのです。もう一人はそれを聞いているだけ。普通は、「はいはいわかったわかった。同じこと何度もいってオレ恥ずかしいわ」とかつっこむと思うんですが^^;

実は、当時下宿生だった私はカレーマルシェにはまっており、頻繁にカレーマルシェを食べていました(今みたいにたくさん種類の無いレトルトカレーの中では、おいしかったのです^^)。なので、「(世界で一番とは全く思わないが)同類がいた!珍しい!とはいえ、こいつはアホやな。バスの中で大声で同じことばかり言いよってw」と、純粋に思っていました。今考えると、これはどうやらスーパーで私の買う物が確認されていたようにも思えます。当時は他にも豆腐、ちくわ、餃子などをよく買っていましたし、これらを就職後もよく食べていたからか、今は餃子が仄めかしによく使われてますね。歩いていると、突然、「餃子!餃子!」と騒ぎだす集団に出くわすとか。お前は餃子食べたことないんかい!という感じです^^;。不思議なことに、餃子と違い、何故か豆腐、ちくわは仄めかしの頻度がありません。犬と同じく、餃子は彼らにとってなんかしらん笑いのネタになってるのかもと思います。しかし、いまだにこのカレーマルシェ君の顔をぼんやりと覚えています。それぐらい、印象に残る変な人でした。

同じく学生時代、高野(左京区高野)にあったJEUGIAでゲッタウェイのレーザーディスクを買ったのですが、このときは、disるパターンの工作員が登場しました。商品を持ってレジに並んでいると、やはり2人1組の男の片方が(もう一方は何故か喋らない)、「ゲッタウェイか…。なるほどなあ。そうねえ」みたいなことを言って後ろに張り付いてきました。これは、こちらに対して喋っていることが明らかで、しかも口調が独り言ではなく悪意が滲み出てて、ちょっと気持ち悪かったです。

このパターンは最近もあり、2013年の年末に箕面のIMAXにゼログラビティを観に行った(2回目ねww)のですが、帰りのバスで同じく2人1組の男の片方が(もう1人は何故か喋らない)、「この映画は絶対2回なんか観ないわー。ありえんわー」と大声で話していました。まあ、私はあまり人の意見を気にしないので、「ふーん、ま、そういう人も世の中にいていいんとちゃうかな」ぐらいにしか思わなかったのですが。というか、皆が素晴らしいと賞賛するものなんか、世の中に存在するはずがありません。明らかにおかしいですよね。こういうところ、なんとなく嫌がらせにも全体主義的な思想を感じます。

もっとも1人が黙っているというのには例外があって、女性は必ずしもそうでないかもしれません。2004年春ごろ、桜宮から環状線内回りに乗り、ドア横に座っていた新入社員とおぼしき男女二人連れの前に立ったとき、突然、男の方が「関西弁で生意気なやつのこと『いきってる』と言うんですか!」と喋りだし、その後、「そうそう」「なるほど!いきってるね。いきってる、いきってる、いきってるね。いきってる!いきってる!」と、まるで壊れたレコード(表現が古いかw)のように大声で繰り返し始めたのですが、合間合間に女性の方は彼と普通に話していたような気がします。そのときは、よくこんな頭のおかしいやつの横に座れるなあ、まあ、同期だからいいのか?自分ならありえんな、と思ったのですが、なんのことはない、2人は宗教信者同士だったようですね。そりゃ、気にならないわ。

機械の故障

別のパターンとして、機械の故障(の演技)があります。具体的にはいろいろあって、例えば、予備校に通っていたとき、何故か自分の受講票だけが印刷されずに白紙であるとか、印刷内容が違っているということが続きました。似たことはその後もあって、友人には、何故か自分が関わると機械が壊れるみたいだ、とよく話していました。銀行の窓口などでも、いざ順番がきて座ると、コンピューターが壊れたから移動してくださいと言われることが何度もありました。普通、銀行の窓口のPCがそんなに壊れますかね?

印象づけ回避

これは集スト開始前に限ると思うのですが、嫌がらせを向こうがしてきたとき、こちらの応対によってはトラブルになるか、なりそうなときがあります。そのとき、相手側が急に態度を一転させてトラブルの深刻化を回避するパターンがあるようです。これは、被害者予備軍(加害団体によるマーク群)への印象づけ(実際に集ストが始まってからの過去の関連付け)を回避するためではないかと思います。

98年ぐらいに私は非定期に新幹線通勤していたことがあるのですが、東北新幹線のガラガラの自由席(禁煙席)に座っていると、50代ぐらいの夫婦がやってきて、男性が私の前の2列席、女性がその男性と通路を挟んだ3列席に座りました。夫婦なのに何故分かれて座るんだ?と思っていると、男性がいきなり喫煙を始めました。仕方なく私が「ここは禁煙車です」と注意すると、「わかってる。オレに命令するな」と騒ぎだし、「車掌を呼ぶ」と言うと「どうぞ」とのこと。同じ車両に乗っていた他の人がさらに注意すると男性は喫煙をやめました。その間、不思議なことに女性は無言。ま、ここまでは、犯罪をおこしまくる近年の中高年として十分にありそうな話なんですが、その後、私が宇都宮駅で降りようとすると、その男性が一転、満面の笑顔で、「いやー、最近の若いひとはすごいね。きちんと正しいことを主張するもんね」と言いだしたのです。「はあ?」と思いました。本当に笑顔なんですよ。これ、異常でしょ?w

他にもこういう例はあって、やたらめったら深々とお辞儀したりもします。普通、そんなにしないでしょ、という角度でのお辞儀です。また、1週間ほど前にツイートしたのですが、震災(阪神大震災)の後、実家の横にできた更地で排水溝を掘っていたときに、人の家のブロック塀に勝手に登って、物理的にも心情的にも上から目線でいちゃもんつけてきた近所の消防士も、しばらくして「いや、大変結構な息子さんで。こちらが悪く言っても気にしないし」と母に褒めてきたそうです(というか、自分が悪口言ってるのを認めてるのか、お前はw)。

よく考えたら、これ、被害者への印象づけの回避になってないですね。やられた方は余計に覚えている。単に、つきまとっている相手を馬鹿にして仲間内で共有してるのかもしれませんね。

ちなみに宇都宮駅で降りた後、今度は酔っぱらいのオッサン(先ほどの人物とは別)に絡まれましたが、話しているうちにこのオッサンは素に戻り、普通に会話するようになりました。確か、握手して別れたんじゃなかったかな。今から考えると演技ですよね。まったく。

この記事見た人で、こういう経験のある人います?
もし、数年に一回でもこういう経験あるのなら、カルト宗教団体から何らかの理由でマークされている可能性がありますよ。彼らのマークは長期間にわたるので、気付かないことも多いと思いますが。

集スト前にハイテク その1

今から振り返ると、組織ストーキング開始(2014年10月)より前にハイテク攻撃を受けてるっぽいですね。「っぽい」というのは、もちろん、現段階で証明できないからです。

私は胃にがんがあります。がんといっても癌ではなく肉腫です。

知ってました?癌とがんは意味が(というか範囲が)違うんですよー。

癌(カルシノーマ)は粘膜のがんで、普通、胃がんといえば胃の粘膜のがんである胃癌を指します。でも私が持っているのは筋肉のがんの一種である肉腫(サルコーマ)で、癌とは異なります。日本語の「がん」は、カルシノーマとサルコーマの双方を含む概念です。

より具体的には胃粘膜下腫瘍であり、その中のGIST(消化管間質腫瘍)である疑いがあります。非常に稀ながんで10万人に1人、2人しかいません(忘れられたがんともいわれます)。胃癌と同じく、場合によっては命に関わります。ん? 今気づいたけど、GISTって、集団ストーカー被害者の会ネットワーク(GSTI)のアナグラムになってんな。

まあ、それはいいとして^^、この粘膜下腫瘍が発見されたのが2012年12月15日(土曜日)でした。何の気なしに受けた健康診断ついでの胃カメラ検査で見つかりました。

その検査日の一週間前、2012年12月8日(土曜日)のこと。

昼に奥さんと大阪に鰻を食べに行きました。大阪天満宮の北側にある亀の池浪速という店です(わかってるとは思いますが、この店と組織ストーキングとは何の関係もないですよ。そこ間違えたらダメですよ)。ネットで予め調べて行ったわけです。

するとそこに、年齢は50〜60代ぐらいの男女3人が客としていて(他に客はいなかった)、まあ、彼らも鰻を食べてるんですが、そのうちの一人が「胃を切ることになった。今日が人生最後の鰻だ。これで思い残す事が無い」みたいなことを大声で言ってるんです。そのとき、なんだか変な客だなあと思ったんでよく覚えています。いくら口の軽い関西人でも、そんなこと平気な声色で大声でしゃべるかねえ、です。うちの奥さんもこの変な客のことよく覚えていました。

それに組織ストーキングが始まった直後に、まだ組織ストーキングなるものが世の中にあることを全く知らず、「何か変だな」の状態のまま沖縄に行ったのですが、石垣島のホテルで食事中、横に座った若者数人のグループ(今から思えば、明らかに上から目線&選民思想のカルト構成員)が「死ぬ前の最後の食事だな。うはははは」と騒いでいました(普通、ホテルの和食のカウンターでそんなこと言うかな)。同じ事を繰り返しやる彼らの特徴を考えると、検査一週間前の鰻屋の件はとても怪しく感じます。

ちなみに、このがん、お腹の右側にあるのですが、お腹の右側がちくちく痛くなるということを、発見される5、6年ほど前からずっと散発的に繰り返していました。

どうもうさん臭いんですよね。これ。

参考:GISTについて

集スト開始前にもローテク その1

2014年10月の集スト開始前の嫌がらせの一つのパターンが、休日に奥さんと近場に出かけたり、旅行に行ったときに限ってやる嫌がらせですね。休日楽しむんじゃねえぞ、の趣旨なんですかね?

2008年10月に札幌、旭川、小樽を旅行したのですが、札幌、小樽あたりがちょっとなんだかなあ状態でした。旭川はそうでもなく、まあ普通かなあ。

レンタカーを借りる時も、なんで札幌、小樽のレンタカー屋はこんなに機嫌が悪い(愛想が悪いのとは違う)のだろうと思いましたし(全く忙しくない時期ですよ)、小樽で寿司屋に入ったらカウンターの中で言い争いが始まり、あまり落ち着いた気分で食事できませんでした。後にうちの奥さんの両親が小樽で寿司屋に入ったときもカウンターの中で言い争いが始まったらしく、もしかして小樽ではそれが普通なのかもしれませんけどね。レンタカー屋の態度は、今の加害者の態度に良く似ています。

ところで、食事のときのカウンターの中の不穏な空気、私は大阪でもやられてますね。食事中、目の前で他の店員に説教を始める店員がいて、せっかくのご飯が大変まずく感じたのですが、あれ、演技だったんですかね。うむ。

札幌近郊でひき馬に乗ったときは、自分の乗っている馬をガイドする係の人に話しかけたのですが、こちらの話を一切無視し、決められているのかなんだかわからない事をテープのように延々話すのみ。会話を諦めました。うちの奥さんが乗っている馬をガイドする人は、普通に彼女と会話していましたが。

そうそう、最初に千歳空港についてJRのみどりの窓口に行ったら、売り場の列に一人、携帯で話し続けているおっさんがいてこのおっさん、自分の前が空いても詰めない。後ろの人が追い越したり、横から人が入っても何も言わない。なんだ並んでないのかと思い、自分が追い越すと、列を追い越すなと怒り出す(が、携帯での会話はひたすら続けて、こちらの話を一切聞こうとしない。仕事の電話じゃなくて、自分の子供と家でしゃべるように話してるんですよ、この人)。なんだこのおっさんはと思ったのですが、嫌がらせでしたか。これと似たパターンは、2010年7月に兵庫県立美術館でもやられてますね。

近場では、2009年9月に丹波に出かけたのですが、昼ご飯を食べるときに食堂に入ると、自分のところだけ注文を取りにこない。釜飯が食べれるのですが、注文しても自分のところにだけ火をつけてくれない。で、天ぷらは目の前で落っことして、もう一度作り直し。他のお客さんには一切そういうことがない。帰りの高速では、走行車線を走行中、こちらがあわててブレーキを踏むぐらい直前に割り込まれる(堺ナンバーですよ、例の)。別に高速、混んでないですよ。

あと、2台一組になって前の車を後ろの車がぴたぴたにくっついて煽るのを何度も見さされましたね。一度はガラガラの高速ですよ。そういうときは普通、後ろの車はさっさと追い越しますよね、前の車。でも違う。ガラガラの高速の走行車線上を、ずっとやってる。で、自分たちが降りる予定のICでそいつらも降りて、誘導路っていうんですかね、料金所に向かう一車線の道でもめて我々もストップ。前に進めません。なんだこれは??と思っていたのですが、なるほど嫌がらせでしたか。前の車は名古屋ナンバーの白のプリウス、後ろの車は豊橋ナンバーのベージュのハイエースでした。この2台一組の車は、自分の車の直前に出現します。それ以外のパターンは見た事ないですね。もちろん、追い越し車線をとろとろ走ってて煽られている車は良く見かけますよ。

こういう現象は、集ストの前兆現象の一つと思います。

『不可思議なできごと』を振り返る

組織ストーキングでは、ターゲットが精神異常者、とまではいかなくても精神的に問題を抱えた人物である(典型的には統合失調症である、あるいは統合失調症に類似の何らかの異常である)とのキャンペーンがなされます。私もやられました。しかも、世間一般に「精神的な異常は稀ではありません」「ちょっとした風邪みたいなもんですよ」「脳の化学物質の問題です」「だから薬を飲めば治りますよ」「さあ早く病院へ」「病院へ!」

病院へ!!取り返しがつかなくなる前に!!!

という刷り込みが既になされています。強迫観念的なところが、どことなく未来世紀ブラジルっぽいんですが、被害者としては笑えません。医者以外の人間が平気でこの刷り込みを再現したりする(だから「刷り込み」なんですけどね。刷り込みの本質的な機能というか)。そして、医者についても、確固たる根拠無く適当な判断が可能であるのが日本の精神医学であるようです。

そんななか病院行く(連れて行かれる)とどうなるかは、いろいろ報告されているとおりです。「ちょっとした風邪みたいなもん」という無責任な軽いキャンペーンとは全く異なる結果に導かれます。ターゲットは生命(社会的生命を含む)の危機にさらされることになります。

どうやら、その準備は何年もかけて進行するようです。

組織ストーキングが開始される4年前。当時、私はブログにこんなことを書いています。オリジナルのアドレスはhttp://neko-panchi.blog.so-net.ne.jp/2010-11-03。ブログに書いたイベントは2010年10月29日(金曜日)の夜6時から8時ぐらいの間に発生しています。

***

この前、会社の帰りにスーパーに寄った。

しばらくレジの列に並んだあと、持ってたカゴをスタンバイの位置(なんというか、買う物の値段をピッピッとレジに読み込んでもらえるのを、前の人の支払いが終わるまで待つ位置)によっこいせと置いたとき、心臓が止まるほどビックリした。

寝ていた。

若い女性が、レジの台の向こう側すぐのところに、仰向けに寝ていた。

それまでレジの台に隠れて見えていなかったのだが、台にカゴを置こうと前屈みになった瞬間に見えた。

レジの向こう側は店のスペースで、彼女は店のエプロンをしていた。つまり店員さんなわけで、なんでそんなところで寝ているのか全く理解できなかった。

もしかして倒れているのか?とも一瞬思ったが、周りにいる他の店員はいつも通り素知らぬ顔で作業をしている。倒れたのなら、明らかに誰かが気づくはずだ。
それに、寝ている彼女の顔色は良く、とても幸せそうに床にいる。

レジ袋に入った自分の買い物を受け取るときに、よほど「あの人は何してはるんですか?」と聞こうと思ったが、何かとんでもないことが起きるような気がしてどうしても聞けなかった。

例えば
「あの人って誰ですか?」
「いえ、そこに寝ている人なんですけど…一体なんで床に…」
とやりとりしている間に忽然と彼女が消えてしまう。

一度だけ、幽霊らしきものを見たとしか思えないことがあって(曖昧な書き方なのは、言い切るほどの自信がないから^^;)、そのときは、さっきまで普通の人と全く同じように見えていた人が忽然と消えてしまった。

あまりにも「異常な」状況なので、同じ事が起きないともいえない。もしそうなれば、訳の分からんことを言うタダの頭のおかしな変な人に陥ってしまう。

また例えば、そう尋ねたレジの人に突然、
「ねこぱんちさん、ここまでどうやって来ましたか?」(元ネタ:インセプション)
と質問されるかもしれない。
そのとき、何故か答えられなかったら、一体どうすればいい?

夢の中の夢(夢を見てて起きたら、それがまた夢の中だったりする。まさしくDream within a dream)を見ることがあるのに、恐ろしくてそんなこと聞けない。

で、結局、釈然としないまま、家に帰った。

何だったんでしょう?

***

このイベント、自分は頭おかしいんじゃないかと本人に思わせたり(そこまではいかなくても、自分は精神的に疲れてるなと本人に思わせたり)、本人がこれを訴えたときには周囲にあいつは頭がおかしいとアピールするためのストリートシアターに思えますねえ。今となっては。

そして、組織ストーキングが開始された後では、やはりあいつは何年も前から頭がおかしかったんだ、やっぱりねえ、ひそひそひそ、とキャンペーンするための下準備なんでしょうね。

あのとき実際に尋ねていたら、わずかに気をそらされている間に(そもそもレジの店員に尋ねている間に)、床の彼女はコロンと転がって視界から消えていたんでしょうね、多分。手品師かよ、まったく。

監視を含めた準備に長時間かけるケースは、ままありそうですね。