過去のこと(aderyn記載)

aderyn(iphiko)記載です。本日3つめ。

年表を作っていろいろ確認すると、どうやら子供のときから嫌がらせを受けていたようです。なんか変だ、他の人はそんなことないのにと、子供のときから常々思っていたのですが、元々の性格でそんなに気にしなかったのが良かったのか悪かったのか。

私の育ったところは神戸市東灘区で、「明日を信じて」というブログの方のお住まいのすぐ近所です。歩いて5分ちょっと。間に天井川という川(というかコンクリで3面囲われた、普段は水がほとんど流れていない水路。たまにイノシシが出る)があり、私の実家は川の西側に位置します。東側(青木駅側)とは少し雰囲気が異なります。

うちの家庭は、父親が親にネグレクトされてた人で中学校も満足に行っておらず、母親は福岡から家出して神戸に出てきたような人であるため、関西の普通の家庭とは異なっていたはずです。両親とも、どこの宗教団体にも属さず(神棚はありましたけどね。氏神様と住吉神社を祀っており、私は子供のときから毎晩、お供え物を交換していました)、職場以外のどこの組織にも属さず。父親は学歴がないので万年平社員だし、つまり一切「紐付き」ではありません。創価なんてこの被害にあうまではよく知りませんでしたし(中島らものエッセイを昔見て平和を愛する団体と思っていました)、よく言われる在日や同和についても、全く意識することもなく差別意識もなく育ちました(この差別意識の皆無さが、今にして思えば、これまた良かったのか悪かったのか)。

が、例えば、近所の駄菓子屋に行くと自分だけ無視される、お祭りの夜店に行くと、店のおばさんにとても嫌な顔をされてあしらわれるということが繰り返しあり、子供ながらそれが不思議でした。親が↑のような人だったので、自分に貧乏くささがにじみ出ているのか、駄菓子屋や夜店のおばさんは貧乏くさいのが嫌いなのかもと考えていました。また、小学校のとき月に一度だけ、家が近い者同士で班を組んで集団下校するのですが、班を担当する女性の先生が毎回毎回ひたすらこちらを無言で見続けていたり(この先生は精神に異常のある人だと思っていた^^;)、別の教師(中村:こちらは名前を今でも覚えている)に常に嫌がらせを受けたりしていました。

この無言でみつめるバージョンは、小学校卒業後はずっと無かったのですが、数年前から再開していました。また、夜店のおばさんバージョンは中学生以降はなかったのですが、社会人になってから再開し、2001年に関西に戻ってきてから非常に顕著になりました。

その他、頭のおかしいフリをしている人に絡まれるのは、子供のときからしょっちゅうでしたね。友人と「なんで自分だけ変な人が寄って来るのかねえ」と言ってました。「頭のおかしいフリ」というのは、私自身、あまりこういう人のことを気にしない性格で、出来る範囲で普通に応対していると、何故か相手も普通の人に戻っていっていたからです(まったく、演技ですよアレ^^;;)。

その他、細かいエピソードを並べると本当に無数にあるのですが、省略します。一つ言えることは、子供の時から創価に常にマークされていたであろうことを、今、確信しているということです。

きっかけは、育った場所柄いろいろ考えられるのですが、親戚と近所の住人が怪しいです。父親は↑のような育ちですし、その出自もあって親戚と折り合いがよくありません。近所の住人については、公明党のポスターを貼ってあるような明らかな創価信者からの勧誘を両親が常に断りつづけていたことが原因かもしれません。また、隠れ信者であろう家族が近所に複数あり、そのうちの特に一つの家族から私が非常に冷たい扱いを受けていたことを考えると、この家族が原因かもしれません。いずれにしても、これらが最初の依頼者であると考えています。

なお、嫌がらせは、今から思えば受験や就職活動のときに酷くなる傾向がありました。また、学校で何かイベントがあるとき(スキー合宿、裁判所見学、卒業式など)に、風邪も引いていないのに何故か当日の朝、発熱するということを繰り返していたのですが、これもなんか関係している気がします。

こういう数十年にわたる宗教の嫌がらせと監視ですから、どうりで自分を知っているような態度をとるこちらは全く知らない他人(その宗教の信者や紐付き)がチョロチョロいるわけですよね。

最後に唐突に話変わりますけど、本当に宗教って怖いですね。
信じている自分が「幸せ」になるのが正義だと思ってるんですもん。

疑問に思うこと(aderyn記載)

aderyn(iphiko)記載です。

twitterを見ていると、衛星がハイテク加害に使用されているとの報告があります。創価が衛星を持っているからと言う人もいます。現時点では検証できない上、その可能性はゼロではないので、この説が間違いであるとは思いません。個人的には、判断できないために「保留」です。以下は、純粋な疑問です。

被害者に応じて加害内容と加害時間は様々だと思いますが、ハイテクの加害は24時間常にあると考えています。すると衛星からの攻撃ということであれば、衛星が常に被害者の頭上に位置していなければなりません。地球の反対側からの攻撃はさすがに不可能です。

常に頭上に衛星が位置するためには、静止衛星または多数の衛星システム(準天頂衛星、準同期衛星など)ということになるかと思いますが、さすがに静止衛星みたいな高度が高くコストのかかる衛星、しかも赤道上にあるために日本に対して傾いた角度を持つ衛星を使うとは思えません。残るは、多数の衛星による衛星システムになると思われます。この時点で創価衛星(どんなものかは知らないが1個だけ?)は外れそうです。そして静止衛星ではなく、衛星システムということになれば、空を高速で移動し続ける多数の衛星により多くの被害者が同時に追尾されていることになり、果たしてそれが可能であるかは疑問が残ります。また、建物や天候の影響を大きく受けそうですが、この前の台風により悪天候が長時間続いたときも被害は変わりませんでした。なお、準同期衛星システムを使用しているGPSでは、地上にいるユーザーの端末側が、特定のユーザーを狙って出しているわけではない衛星からの電波を補足しているため事情が全く異なります。

結論として2015年7月の段階では、衛星による加害には私は非常に懐疑的です。

なお、衛星による加害が正しければ、世界的な組織(政府またはそれ以上の組織。まあ、日本政府にとっては米国政府が上位の組織でしょうけど)が関わっていることになるでしょうね。もし、それが本当なら、創価信者、ありていにいえば日本国内のカルト信者達が被害のきっかけの私には、非常にけったくそ悪い話しですね。

ローテク対策(aderyn記載)

aderyn(iphiko)記載です。そのうち、紛らわしいのでkokoroと分離します。

日々、起きている出来事(特にローテク)が変化し続けているので、最近はブログではなくtwitterでの実況(というか目の前で起きていることの垂れ流し)が記録のメインになってしまっています。それでは片手落ちなので、ブログでは別のことを書きたいと思います。

日々変化するローテクですが、毎度毎度数百から千人単位で加害者が出没する私なりの対応方法(2015年7月現在)

基本:ゲーム理論によれば、相手と同じことをやるのが良い
基本2:自分に精神的な余裕を持たせることが目的

1.状況を録画録音する。録音にはスマホのアプリが使用できます。ただし、スマホのレコーダーアプリを起動すると何故か加害者どもが黙り込んじゃうので(離れているのにねえ、不思議だ)、ボイスレコーダーの併用がお勧めです。
2.加害者を分類してあだ名をつける。そして加害者の前であだ名をつぶやく。でも、これをしていたら、最近は加害者側がイヤホンで防御し始めた。
3.加害方法を分類してあだ名をつける。ああ、これは○○話にあったあの○○だ!、とギャラクシークエスト(映画)風にごまかす。
4.道を歩いていて向かいからわんさか登場するようだったら、こちらが立ち止まって加害者を観察する。立ち止まっている間に波が引くことがある。また、時間があれば今来た道をわんさかいる加害者と一緒に戻って彼らを観察してもよい。こちらが道を引き返すだけで、途端に挙動がおかしくなることがある。また、この前この方法で、雨なのに何故か傘をさしていないスーツ姿の複数の不審者(傘は手に持っている)が、すれ違った後に普通に傘をさしたのを確認できた。
5.これらはいつもやるのではなくランダムにやる。所詮は紐付きの洗脳ロボットだけど、相手も人間なので。それにそもそも、こちらの時間は自分のための時間ですから、毎回つきあう必要はない。
6.ローテクは、基本的に遭遇確率を上げることが根本の手法だと思うので、例えば外出してすぐに特定のもの(例えば、特定の色にカラーリングされた人物)をみかけても気にしない。相手は、こちらの行動パターンに従った密度で、ダメもとで入れ替わり立ち替わりウロウロしていると思われる。

カリフォルニア州リッチモンド市の決議に関するFFCHSレターの和訳

5月21日になされた、カリフォルニア州リッチモンド市の決議に関するFFCHSレターの和訳をアップします。まあ、なんというか、適当な訳なので間違っているところがあるかもしれません。誤訳はご指摘ください。

***

皆様こんにちは! 本日は素晴らしいニュースがあります!歴史的ともいえる出来事が、カリフォルニア州リッチモンド(Richmond, CA)において、2015年5月19日火曜日の夜になされました。全ての方がその場にいられればどんなに良かったでしょう!(全ての方をその場にお連れしたかった!)全ての方が参加できるように予め広く告知をしたかったのですが、加害者によってリッチモンド市評議員(訳者注:councilmembers; 議員かも。判断を下した主体によります)が圧力を受けることがないように配慮する必要がありました。

具体的には次のとおりです: エイミー アンダーソン氏のたゆまぬ努力のおかけで、リッチモンド市は、デニス クシニッチ氏(訳者注:アメリカ民主党議員)の「宇宙空間保全法2002」(訳者注:http://www.fas.org/sgp/congress/2002/hr3616.html参照)を採択しました。この法律では、精神工学(psychotronic)の技術を含む、衛星から分離した(launched from)無数の宇宙兵器が禁止されています(訳者注:この法律上、「宇宙」とは地表面から60km以上の高度に広がる空間のこと。「宇宙兵器」とは、宇宙、大気圏または地上の物体または人間を攻撃したり破壊したりすることが可能な装置のこと。法律の条文上、精神工学技術の用語は出てきませんが、「宇宙兵器」の定義により担保されているとの解釈だと思われます)。クシニッチ氏の法案は委員会で留められてしまったため米国議会を通過しませんでしたが、まさに火曜日の夜、2002年カリフォルニア州バークレーにおいてそうであったように、カリフォルニア州リッチモンドにて通過したことになります。

カリフォルニア州リッチモンド市の宇宙空間保全法決議への公式リンク: http://sireweb.ci.richmond.ca.us/sirepub/cache/2/gct5zescy2ijbni2hi5lgyag/43347605212015015910303.PDF

我々のコミュニティに属するよく知られている活動家のうち数人が、評議会で発言しました:ICAACTの代表であるジェシー ベルトラン;リサ ベッカー、彼女は数年前の生命倫理委員会で行ったスピーチ(神経科医であるエドワード スペンサー博士に無視されましたが)と同様の感動的なスピーチを行いました;”America Needs to Know”を主宰するエリザベス アダムス、FFCHSメディア委員会の委員長であるアレック ラフター;長年活動を続けているロバート スヴェーガン、そして私です。

我々の発言に対する評議員の姿勢は良かったですし、幾人かの発言者が示すことに関して質問をしていました。また、手を差し伸べ、提示されている論点について理解しようとする質問をされた方もいましたし、他の方もよく調査されていました。全てが、生命倫理委員会における冷酷無情な沈黙とは極めて対照的でした。

会議の後、エイミーの部屋で、ローストチキン、ポテトサラダ、インゲン、ポテトチップ、ソフトドリンク、ケーキとともにお祝いをしました。TIコミュニティーがこんなにも幸せになったのは初めてです!ジェシー ベルトランでさえ、この人はいつもはどこか他人行儀なところがある人なのですが、テーブルの奥(注:head上座)で笑っていました。他の人の多くは抱き合って喜んでいました。エイミーは喜びで我を忘れて、顔を輝かせていました。それはまるで、長年の闘いの後、我々がついにTIコミュニティーのためになるであろう「何か」に到達できたことを感じさせるものでした。

このアクションについて心に留めておくべき重要なことは、この評議会がTIの人々を支援する立場にあった(ある)とともに、問題を理解することができさえすれば、明らかにTIの人々を助けようとするということです。この過程の最初のステップの一つが、5月21日火曜日の夜に法案通過の決議がなされたということなのです。 (以下、省略します)

***

個人的にはカリフォルニアであるが故の法案通過なのかもと思っています。が、日本では都市部でさえも現時点でこのような法案が通過する見込みがないのとは大きな違いでしょうね。

リメンバー

外出すると、特にJR大阪駅周辺では大量に加害者を見かけることになる。

というか、例のカルト宗教団体(脱会者によると詐欺団体)を始め、「何らかの組織に属している&組織の指示に従順な人(or従順に従わざるをえない人)」が、元々大阪には多いらしい。自分が一切何の組織にも属していないもんだから、そういう世間の状況は想像もできなかったが、常日頃から大勢いるこういう人たちが、たまたま自分に接近したときにローテク&場合によってはハイテクを仕掛けてくるようだ。

ローテクに関しては、胸にnarrative clipを付け、ウォーキングレコーダーを回しておけばかなり軽減される。ま、お金もらってる風の人、妄信者風の人(年配に多い)、集団の威を借る人(若いのに多い)はそれでもやるけれど、会社員など職業を持っている人は微妙にやりにくいらしい。とはいえ、彼らへの指示の通信は全部アメリカやイギリスが収集しているわけで、それって将来、彼ら一人一人にとって困ったことにならないのかねえと思う。カルトの構成員ってことが筒抜けですけどね。まあ、加害者だからこっちが心配することでもないし、どうでもいいけれど。

さて、ローテク加害者としては、たいしたことするわけでもないし、通りすがりだし、「みんな」やってるし、カルト団体がバックについてるし、という心理にあると思われる。普段の生活では、被害者のことなんか気にも留めてないに違いない。

なので、少しでも心に留めていただけるように、ワタクシ、ローテク加害者とコミュニケーションをとる機会があればとるようにしております。

例えば、エレベーターに明らかに偽咳の人が乗ってきたら「咳大変ですねー」と話しかけたり(話しかけたら一瞬で咳が止まった。しゃっくりかよww)、コンビニのレジが違和感を感じるほど異常にちんたら遅ければ「忙しくて大変ですねー」と話しかけたり、その間に別の商品を見に行って清算待ちの客であることをサボタージュしたり、コリジョンキャンペーンをはってくる人間に対しては礼儀上、最低限の回避だけしてそのまま接触したりとかしております。電車の席を譲るなどもありますが、お一方を除き、お礼も言いませんね、彼ら。暗い夜道で不審者が前を歩いている場合、スマホの懐中電灯を点灯させる(あくまでも路面の確認のため。非常識な飼い主の犬のフンが落ちてるんで。ま、結果的に逆ブライティングになってるかもねw)こともあります。

ま、何の効果もないんですよ、これ。知ってます。I Knowです。

 

でもね、加害者の洗脳もいつか必ず解けるんですよ。そのとき、きっと思い出すね。ああ、そういえばあのとき話しかけられたって。あいつ、ああいう顔してたなって。自分はあのときああいう状態だったな、って。

まあ、長い時間をかけたごくささやかな抵抗ですね。被害者としての。

 

要するに、いろいろ試行錯誤中なんですけどね(^^)

それに、そもそもハイテク加害者やローテクでも超悪意ある加害者(車で突っ込んでくるヤツ)には効かないしなー

集スト前にハイテク その1

今から振り返ると、組織ストーキング開始(2014年10月)より前にハイテク攻撃を受けてるっぽいですね。「っぽい」というのは、もちろん、現段階で証明できないからです。

私は胃にがんがあります。がんといっても癌ではなく肉腫です。

知ってました?癌とがんは意味が(というか範囲が)違うんですよー。

癌(カルシノーマ)は粘膜のがんで、普通、胃がんといえば胃の粘膜のがんである胃癌を指します。でも私が持っているのは筋肉のがんの一種である肉腫(サルコーマ)で、癌とは異なります。日本語の「がん」は、カルシノーマとサルコーマの双方を含む概念です。

より具体的には胃粘膜下腫瘍であり、その中のGIST(消化管間質腫瘍)である疑いがあります。非常に稀ながんで10万人に1人、2人しかいません(忘れられたがんともいわれます)。胃癌と同じく、場合によっては命に関わります。ん? 今気づいたけど、GISTって、集団ストーカー被害者の会ネットワーク(GSTI)のアナグラムになってんな。

まあ、それはいいとして^^、この粘膜下腫瘍が発見されたのが2012年12月15日(土曜日)でした。何の気なしに受けた健康診断ついでの胃カメラ検査で見つかりました。

その検査日の一週間前、2012年12月8日(土曜日)のこと。

昼に奥さんと大阪に鰻を食べに行きました。大阪天満宮の北側にある亀の池浪速という店です(わかってるとは思いますが、この店と組織ストーキングとは何の関係もないですよ。そこ間違えたらダメですよ)。ネットで予め調べて行ったわけです。

するとそこに、年齢は50〜60代ぐらいの男女3人が客としていて(他に客はいなかった)、まあ、彼らも鰻を食べてるんですが、そのうちの一人が「胃を切ることになった。今日が人生最後の鰻だ。これで思い残す事が無い」みたいなことを大声で言ってるんです。そのとき、なんだか変な客だなあと思ったんでよく覚えています。いくら口の軽い関西人でも、そんなこと平気な声色で大声でしゃべるかねえ、です。うちの奥さんもこの変な客のことよく覚えていました。

それに組織ストーキングが始まった直後に、まだ組織ストーキングなるものが世の中にあることを全く知らず、「何か変だな」の状態のまま沖縄に行ったのですが、石垣島のホテルで食事中、横に座った若者数人のグループ(今から思えば、明らかに上から目線&選民思想のカルト構成員)が「死ぬ前の最後の食事だな。うはははは」と騒いでいました(普通、ホテルの和食のカウンターでそんなこと言うかな)。同じ事を繰り返しやる彼らの特徴を考えると、検査一週間前の鰻屋の件はとても怪しく感じます。

ちなみに、このがん、お腹の右側にあるのですが、お腹の右側がちくちく痛くなるということを、発見される5、6年ほど前からずっと散発的に繰り返していました。

どうもうさん臭いんですよね。これ。

参考:GISTについて

集スト開始前にもローテク その1

2014年10月の集スト開始前の嫌がらせの一つのパターンが、休日に奥さんと近場に出かけたり、旅行に行ったときに限ってやる嫌がらせですね。休日楽しむんじゃねえぞ、の趣旨なんですかね?

2008年10月に札幌、旭川、小樽を旅行したのですが、札幌、小樽あたりがちょっとなんだかなあ状態でした。旭川はそうでもなく、まあ普通かなあ。

レンタカーを借りる時も、なんで札幌、小樽のレンタカー屋はこんなに機嫌が悪い(愛想が悪いのとは違う)のだろうと思いましたし(全く忙しくない時期ですよ)、小樽で寿司屋に入ったらカウンターの中で言い争いが始まり、あまり落ち着いた気分で食事できませんでした。後にうちの奥さんの両親が小樽で寿司屋に入ったときもカウンターの中で言い争いが始まったらしく、もしかして小樽ではそれが普通なのかもしれませんけどね。レンタカー屋の態度は、今の加害者の態度に良く似ています。

ところで、食事のときのカウンターの中の不穏な空気、私は大阪でもやられてますね。食事中、目の前で他の店員に説教を始める店員がいて、せっかくのご飯が大変まずく感じたのですが、あれ、演技だったんですかね。うむ。

札幌近郊でひき馬に乗ったときは、自分の乗っている馬をガイドする係の人に話しかけたのですが、こちらの話を一切無視し、決められているのかなんだかわからない事をテープのように延々話すのみ。会話を諦めました。うちの奥さんが乗っている馬をガイドする人は、普通に彼女と会話していましたが。

そうそう、最初に千歳空港についてJRのみどりの窓口に行ったら、売り場の列に一人、携帯で話し続けているおっさんがいてこのおっさん、自分の前が空いても詰めない。後ろの人が追い越したり、横から人が入っても何も言わない。なんだ並んでないのかと思い、自分が追い越すと、列を追い越すなと怒り出す(が、携帯での会話はひたすら続けて、こちらの話を一切聞こうとしない。仕事の電話じゃなくて、自分の子供と家でしゃべるように話してるんですよ、この人)。なんだこのおっさんはと思ったのですが、嫌がらせでしたか。これと似たパターンは、2010年7月に兵庫県立美術館でもやられてますね。

近場では、2009年9月に丹波に出かけたのですが、昼ご飯を食べるときに食堂に入ると、自分のところだけ注文を取りにこない。釜飯が食べれるのですが、注文しても自分のところにだけ火をつけてくれない。で、天ぷらは目の前で落っことして、もう一度作り直し。他のお客さんには一切そういうことがない。帰りの高速では、走行車線を走行中、こちらがあわててブレーキを踏むぐらい直前に割り込まれる(堺ナンバーですよ、例の)。別に高速、混んでないですよ。

あと、2台一組になって前の車を後ろの車がぴたぴたにくっついて煽るのを何度も見さされましたね。一度はガラガラの高速ですよ。そういうときは普通、後ろの車はさっさと追い越しますよね、前の車。でも違う。ガラガラの高速の走行車線上を、ずっとやってる。で、自分たちが降りる予定のICでそいつらも降りて、誘導路っていうんですかね、料金所に向かう一車線の道でもめて我々もストップ。前に進めません。なんだこれは??と思っていたのですが、なるほど嫌がらせでしたか。前の車は名古屋ナンバーの白のプリウス、後ろの車は豊橋ナンバーのベージュのハイエースでした。この2台一組の車は、自分の車の直前に出現します。それ以外のパターンは見た事ないですね。もちろん、追い越し車線をとろとろ走ってて煽られている車は良く見かけますよ。

こういう現象は、集ストの前兆現象の一つと思います。